収益物件で安泰の人生計画を|ラクラク儲かります

積み木の家

連帯保証人の代行

スーツの男性

審査があるので注意

昔はアパートやマンションなどの部屋を借りるとき、連帯保証人を必要とする場合がほとんどでした。しかし近年では、賃貸保証会社が保証人の代わりをしてくれるので、保証人を立てられない人でも賃貸住宅を借りやすくなっています。賃貸保証会社は日本では1980年代に初めて登場したサービスで、現在も業績を拡大しつつあります。部屋を借りたい人にとって賃貸保証は便利ですが、一定の期間ごとに保証料がかかるので注意が必要です。また保証を受けるには審査があり、誰でも通るわけではありません。収入に比べて家賃が高すぎる場合や、過去に滞納歴がある場合は通らないこともあります。家賃が年収の3割程度なら、おおむね大丈夫と言われています。

借主と貸主のメリット

賃貸住宅を借りたい人が、誰でも保証人を立てられるとは限りません。身寄りのない人や外国人などは、なかなか住める家が見つからないという問題がありました。賃貸保証会社を利用すれば、こうした問題を解決することができます。また賃貸住宅のオーナーにとっても、家賃が保証されるので安心して貸すことができ、選択肢が増えて入居率アップに繋がるというメリットがあります。今後は少子高齢化の進行に伴い、高齢単身者が増加するため、賃貸保証会社の意義はさらに大きくなると考えられます。現状では法規制がなく、入居者が賃貸保証会社を選べることもほとんどありませんが、将来的には賃貸保証会社の情報公開も進み、いっそう利用しやすくなっていくでしょう。