収益物件で安泰の人生計画を|ラクラク儲かります

積み木の家

マンション入居率改善方法

駐車場

マンションの入居率が低いことで悩んでいる経営者は多いです。入居率が低いことは、マンション経営の経営悪化につながる大きな問題です。マンションを顧客が決める際は、様々なことが決定要因となります。値段や、築年数、耐震性、駐車場が併設されているか等です。駐車場の併設は、顧客にとって、住みやすさに関わる大きな問題です。その為、駐車場を併設して設置するマンションが増えてきています。駐車場の設置方法としては、様々なものがあります。十分な空き地があれば、平地タイプ、空き地がなければ、立体駐車タイプ、さらに土地がなければ、2段式の立体駐車場等です。どの駐車場を設置する場合でも、相見積もりをとることが大事です。初期費用を抑えることができます。

マンションに駐車場を併設するだけで入居率があがります。毎日の通勤や、買い物で、部屋から車まで移動するのですが、いかに快適に移動できるかが、マンション選びの際の大きな決定要因になっているからです。もし、仮に車までの移動距離が長く、移動するだけで10分もかかるようですと、それだけでマンション選びの候補から外れてしまいます。駐車場の設置は、マンションの部屋からの動線をしっかり考えて設置することが大事です。動線を考える際には、天候による影響も考慮に入れるべきです。例えば、雨の時は大丈夫かとか、強風の時大丈夫かとか考慮にいれます。雨や風をしのげる屋根や壁が、駐車場にいくまでの道中にあるだけでも、快適性は全然違い、マンションの入居率はあがります。