インプラント治療を受ける前に基本構造を確認しよう
ロゴ

インプラント治療で噛みやすい歯が手に入る

失った歯を補うには?

インプラントの治療をご検討の方は、金沢で治療を受ける前に情報を集めておくべきでしょう。基本の情報を確認することで、自分に合ったインプラントの方法を選ぶことができるからです。そして、仮の歯を装着する方法はインプラントだけではありません。例えば入れ歯を利用する方も多いでしょう。そのためインプラントと入れ歯の違いについて確認しておく必要がありますよ。

インプラントと入れ歯・それぞれの特徴

インプラントの特徴

インプラントのメリットは、その見た目の自然さでしょう。ご自身の歯と変わりない仮の歯を装着することができますし、周囲の歯を傷つけることなく治療を実施することができます。しっかりと固定されていますから、食べ物をよく噛むこともできますよ。

入れ歯の特徴

入れ歯のは低コストで治療を受けることができます。治療によって受ける体の負担も少ないでしょう。入れ歯は取り外してお手入れをすることができますから、口の中を衛生的に保つこともできます。

インプラント治療を受ける前に基本構造を確認しよう

医療器具

構造を理解して

インプラントの治療を大分の歯科で受けるなら、まずはインプラントの基本構造から理解しておくようにしましょう。まず、実際に見える人工の歯の部分のことを「上部構造」と呼びます。仮の歯を固定する部分は、「フィクスチャー」となっています。そしてこの二つを繋いでいるのが「アパッチメント」と呼ばれる部位となります。

他の歯に影響を与えない

人工の歯の部分に利用される主な材質は「チタン」となるでしょう。チタンを利用することで、歯の仕上がりを自然にすることができるのです。インプラントは元々存在していた歯と同じような機能を得ることができますから、噛む時も非常にスムーズです。違和感も少ないですから、他の歯に負担をかけてしまうような力の入れ方をせずに済みます。

歯科で相談して

自分の歯が失われてしまうと、不便なことは非常に多くあります。人工の歯を設置するにしても、これから先も不便を感じないような治療方法を考える必要がありますよ。インプラントなどの治療方法をしっかり検討したい場合には、金沢の歯科でよく相談するようにしてください。

インプラントの治療を受けた方のクチコミ情報

治療を諦めていたのですが…

私は顎の骨の関係で、行きつけの歯科では治療を断られてしまったのです。本当に治療できないのかな?と思い、他の歯医者にも相談してみたのです。すると、その歯科でインプラント治療が可能とのことでした…!断られてしまったら、他の歯科もあたってみるべきですね。

歯がボロボロでした

長年歯周病を放置していたために、歯がボロボロになっていました。そんな時に、歯科医師に勧めてもらったのが「インプラント」です。インプラントを行うことによって、ボロボロの歯も見違えるようになりました。

1本だけ治療を受けました

今まで差し歯を利用していたのですが、ポロっと取れてしまいました…。差し歯は結構不安定なこともあるみたいですね。取れてしまわないような治療を受けたかったので、その後大分の歯科でインプラント治療を受けました。

ブリッジが大変で…

ブリッジはしっかりと固定される点が良かったのですが、僕の場合、歯に食べ物が挟まってしまうことが多かったです。そのためインプラントを考えました。治療後も安定してますし、満足していますよ!

広告募集中