歯医者を利用する前に確認したい麻酔のコト
ロゴ

歯医者での治療で痛みを軽減させるには?麻酔の種類と注意点

痛みの理由を知ろう

歯医者で治療を受けた際には、痛みが伴うこともあるでしょう。治療中や治療後の痛みや麻酔について、こちらでチェックしてください。まず始めに、治療した後の銀歯に痛みが発生してしまう要因について解説していきます。

銀歯に痛みが発生してしまう4つの原因

  • 虫歯が発生している
  • 知覚過敏になっている
  • 銀歯の周囲の歯が虫歯になっている
  • 歯に亀裂が入っている

歯医者を利用する前に確認したい麻酔のコト

歯

ご自身に合った麻酔を

歯の治療を行う時には、麻酔を利用することが多くあります。それだけ歯の治療には欠かせない麻酔ですが、麻酔にはいくつか注意したい点もありますよ。これから金沢市の歯医者を利用する方は、麻酔の知識もチェックするようにしてください。例えば、麻酔は人によってその効き目に差異があると言えます。そのため自分に適した麻酔を選ぶことで、問題が起こる可能性を低くすることができるでしょう。

食事に気を付けて

歯科で麻酔を利用した際に注意したいのが、治療後の食事です。麻酔がまだ効いているような段階では、食事をしない方が良いとされていますよ。なぜなら治療後の口の中の状態は、非常に繊細だからです。食事によってトラブルが発生してしまっても、麻酔が効いているため出血などに気付くことが出来ないでしょう。そのため、危険だと言えるのです。特に小さなお子さんの場合ですと、食事を我慢することが難しい場合もありますよね。その時にはなるべく柔らかい食べ物を食べさせたり、治療した歯で食べ物を噛まないようにさせると良いでしょう。

一般的な麻酔の方法

麻酔が効く時間については、大人・子どもでもその差が発生してしまうものでしょう。さらに麻酔を打つ場所によって麻酔の効き目が持続する時間が変化すると言えますし、痛みの度合いにも差異が生じます。横浜の歯科でよく利用されているのが、歯茎に麻酔を打つという方法です。お子さんの場合、麻酔の効果は2時間程度、大人の場合には3時間程度となります。

表面麻酔・浸潤麻酔の違い

表面麻酔について

歯科で利用される麻酔の方法は複数あります。まず知っておくべきなのが「表面麻酔」でしょう。こちらは歯茎に注射針を打つような方法ではなく、歯茎の表面に塗ることで効果を得ることができるタイプとなっています。麻酔を打つ際の痛みに不安がある方は、表面麻酔を検討するべきなのです。

浸潤麻酔について

浸潤麻酔とは歯茎に注射をする麻酔の方法となっており、注射針を打つ際には痛みを感じるようなこともあるでしょう。浸潤麻酔を利用しつつ、その痛みを軽減させるためには細い針を利用することがオススメです。電動式の手法を利用することで、痛みを軽減させる方法もありますよ。

広告募集中