収益物件で安泰の人生計画を|ラクラク儲かります

パソコンとマンション模型

マンション投資が便利

マンション

不動産投資信託を利用すると少ない予算で大きな投資ができるので、リスクを軽減したい人におすすめです。また投資用マンションを自分で買う場合はどのようなローン返済を選ぶかによって、難易度が変化するので気をつけましょう。

More...

マンション入居率改善方法

駐車場

安定した収入を得るためにマンション投資を行なう人が多いです。ですが、入居を獲得できなくて赤字になる人も多い傾向にあります。このようなデメリットを避けるためにも、駐車場を設置して収入を得るといいでしょう。

More...

連帯保証人の代行

スーツの男性

連帯保証人の代わりに家賃の支払を保証するサービスが賃貸保証会社です。利用には保証料が必要ですが、保証人を立てられない人でも賃貸住宅を借りられるので、少子高齢化の進行に伴い需要も増えていくと考えられます。

More...

お宝物件の上手な探し方

マンション

価格に絞って物件を探す

不動産投資で成功する絶対的な条件は収益物件を確保することです。収益物件というのは安定した家賃収入が得られる物件のことです。収益を上げるための基本は、安く物件を購入して高い家賃を得ることです。あまり家賃が高いと入居する人がいなくなるので、家賃は相場にします。しかし投資物件を安く買うことは可能です。一番いいのはいわゆるお宝物件を探すことです。そのためには物件選びの基準を設けることが大事です。基準には色々あります。立地、駅までの距離、利回り、総戸数などです。安く物件を購入するのなら価格に絞り込んで探すようにします。他の基準は目をつむります。絞り込むことによって、思わぬ拾い物物件に当たることがあります。基準を広げてしまうと、なかなか希望の物件を見つけにくくなります。

入居者の立場に立って探す

収益物件を探す場合に基準を絞ることと、もう1つターゲットを決めるという点も大事です。例えばマンションを購入する時にファミリー層なのか単身者なのかを決めるのです。それによって2DKなのか3DKなのか絞り込めます。単身者をターゲットにするならワンルームマンションが対象になります。気をつけるのは自分を基準にして探さないことです。ファミリー層をターゲットにするなら、その立場に立って物件を探すのです。そうすると駅から遠くても周辺環境の良い物件の方が入居率が良いとわかります。単身者の場合は昼間はほとんど留守なので、多少日当たりが悪くても家賃が安い方が人気があるとわかります。このようにターゲットの立場になって考えると、意外なところに収益物件を見つけることができます。安泰の人生計画を立てましょう。